島国NIPPONから外の国に出かけてみて思うこと

楽しみにしていたひとり旅も終盤を迎えつつありますね。
外の国に出かけるのはかれこれ数十回してるけど、一番のストレスはフライトですね。

ビジネス、ファーストなら快適な空の旅を満喫できるでしょうが
エコノミーそれもLCCのエコノミーでは常に、窮屈さを感じますね。

外の国は日本では感じることができない体験が多々あり
それが毎回新鮮でまた行ってみようと思う衝動に駆られてしまいます。

ただ、毎回同じ国に出かけていると
およそ、満喫度の減ってきて

退屈さが体内に溢れてきているように感じますね。

外の国に出かけてみて一番思うことは
「日本最高!」ってこと。

日本の便利さは
外の国と比べて

交通の便、食の事、
あとは、言葉が通じるってこと。

英語などの言語が堪能であれば
そこそこ快適さはあるでしょうが

だからといって
これらのことが解決されることはないでしょうね。

日本の若者は海外旅行に消極的なようですが
若いうちから外の国を体感してみた方がいいでしょうね。

若いときから異文化を経験することで
自分の価値観が解放されて

ちっぽけな悩みだったことに
気づかされるだろうね。

外の国は日本に比べて危ないイメージがありますが
思いのほか、ガイドブックに書かれているような危険な目には合わないでしょうね。

コメントは受け付けていません。